メインイメージ画像

風俗のバイトで一攫千金

「アタシはホントに信頼している人にしか電話番号を教えない。前にひどい目にあったことがあるしね」「ああ、ストーカーね」竹子ちゃんは電話番号を教えてもいない男から電話をかけられ(携帯ではなく自室の電話)、以来、イタズラ電話が続き、電話を使えないようにしたことがある。恐らくあとをつけられて家を突き止められ、郵便物を見られたか、大家に電話し、家族のフリをして番号を聞いたりしたんだろう。ましてや携帯の番号がわかれば、契約者の本名や住所まで簡単に調べられるので、下手に教えると、ひどい目に遭う。

皆さん、もし何かあったら、すぐに店に報告しましょう。無許可店は警察を呼びにくいものだが、ある風俗店によると、それとこれとは話が別なので、警察に通報しても、これをきっかけに摘発されるなんてことはないそうで、事実、この前はストーカーを取っ捕まえて、警察に突き出したことがある。また、電話番号を教えると、「デートしよう」という誘いが増えて、結局は営業にならないという見方もある。かといって、ここで「また店に来てね」と冷たくあしらわれると、期待が膨らんでしまっているだけに、冷めてしまう客もいる。

これでは営業になるどころかマイナスだ。水商売と違って店を出たら別人格になれるために風俗バイトをやっているのも多く、店がこれを勧めることで敬遠されてしまうこともありそう。店は、あまり「携帯番号を客に教えろ」なんて勧めない方がよろしいのでは。